2010年04月29日

中部電、二審も賠償命令=取材ヘリ墜落死訴訟−東京高裁(時事通信)

 長野県で2004年、信越放送(長野市)の取材ヘリコプターが送電線に触れ墜落した事故で、死亡した記者三好志奈さん=当時(26)=の遺族が、同社などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、東京高裁であった。稲田龍樹裁判長は、一審東京地裁と同じく中部電力(名古屋市)と中日本航空(愛知県豊山町)の責任を認め、約3990万円の支払いを命じた。
 判決で、稲田裁判長は「送電線は飛行の妨げになり、見えにくいものだった」と認定。中部電力は航空法上、標識を設ける必要があったとした。
 国などへの請求は退けたが、「ヘリの送電線への接触事故はたびたび発生していた。安全を確保するには、国は総合的な対策を検討するべきだった」と言及した。中日本航空は一審から争わなかった。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕米旅客機不時着事故
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

パフォーマンス禁止!アキバホコ天再開で協定(読売新聞)
防衛相「県外移設へ努力」=反対集会代表ら要請−普天間(時事通信)
<ジオス>勧められ一括払い 娘に注意むなしく(毎日新聞)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
両陛下が「桜保存林」ご視察(産経新聞)
posted by オガタ マサヒサ at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

午前0時の販売に長蛇の列 村上春樹さんの「1Q84 BOOK3」(産経新聞)

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」の第3巻「BOOK3」(新潮社)が16日、全国一斉発売。一部終夜営業の書店では同日午前0時から販売され、東京都港区の青山ブックセンター六本木店でも待ちかねた客が話題の続編を次々と購入。一番乗りした目黒区の自営業、佐藤智彦さん(37)は「少しでも早く読みたいと思って買いに来ました。楽しみに読みます」と喜んでいた。

 昨年5月刊行のBOOK1と2は計244万部の大ヒット。品切れ店が続出したことから、BOOK3は初版50万部が用意された。すでに20万部の増刷が決まっており、ベストセラーが確実視されている。

【関連記事】
「1Q84」が300万部突破
「1Q84」続編 初版50万部
「1Q84」第3巻、4月16日に発売
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表
映画「ノルウェイの森」透明感と官能 村上春樹の世界を緻密に映像化
外国人地方参政権問題に一石

新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機−東電(時事通信)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)
<訃報>吉川英司さん80歳=元フジテレビ専務(毎日新聞)
posted by オガタ マサヒサ at 04:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。